有名な複数社から無料で火災保険の見積もりをもらえる

ここでは、有名な複数社から無料で火災保険の見積もりをもらえる に関する情報を紹介しています。
50,000名以上のウェブマスターに認められた、アフィリエイトプログラム
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちょっとおすすめ アフィリエイト
火災保険は「建物の保険」と「家財の保険」に分かれていて、どちらか単独、または両方をかけることができます。基本の補償は火災・落雷・破裂・爆発による事故で、これにプラスして、給排水管の破損事故や、台風・集中豪雨による浸水などの事故をカバーする特約があります。通常の火災保険では、地震・噴火・津波およびこれらに付随する火災などの事故については支払いの対象外です。これら災害については地震保険で対応するそうです。ときどき、「家では火をほとんど使わないから火災保険に入らなくても大丈夫」という意見を耳にします。ところが、これはもらい火したときのリスクを考えていないので、とても危険です。失火者(火元)はわざとだったり、重大な過失などの理由がない限り、もらい火をした被害者への賠償義務を免れるからです。もらい火の被害者になった場合、自分で建物や家財の修理や買いなおしをする必要があるということ。火災保険は、火元が自分自身なのか、他人なのかということは規定がありません。なので、万が一もらい火の被害にあってしまったとしても、火災保険に加入していれば自分の火災保険で補てんができるということです。
日常生活を送るうえでのリスクには、火災、台風や落雷などの自然災害の他に盗難、さらには水漏れで近隣への被害を与えるなど、さまざまなことが考えられます。そういった日常生活のリスクがあっても、予め備えておけば安心ですよね。賢いリスクヘッジの仕方を考えてみたほうがいいかもしれません。サイトのリンクからいろいろな会社をチェックしてみましょう。

スポンサーサイト
ちょっとおすすめ アフィリエイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://pocketbucks.blog80.fc2.com/tb.php/3801-7d31e870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。